お見合いの流れ

お見合いのやり方

お見合いは、相手のプロフィールと写真をみて気に入ったら相手と自分の都合を合わせて日程を調整します。お見合いの場所や形によっても違いますが、服装は正装かそれに近いものにしましょう。あまりラフな格好をしていくのは、好ましくありません。お見合いの席では、基本的に見合いをする当事者とその仲介をする人とで行います。また、場所に関しては、ホテルのラウンジや喫茶店などがありますが中には高級料理店などのお客室専用などといった場所で行われる場合もあります。お見合い時間は1時間程度が一番良い時間になりますが、第一印象で相手の印象が悪かったとしてもその場からかえってはいけません。 その後の交際を断りたい場合には、仲介人を介して断りを相手に伝えることが一般的になっています。お見合いの席ではかかるお茶代などは基本的には男性側が支払いをしますが、女性側はそれを当たり前だと思わずに感謝の気持ちをちゃんと伝えましょう。お互いが印象よく、交際を始めていきたい場合は電話番号など交換するのも良いですし、次のデートの約束をしても良いでしょう。交際する時には仲介人はいませんので二人で愛をはぐくみ形になります。お見合いの流れの中で、しっかりとしたマナーを持っている人か、常識的な物事の持ち主かなど相手はさまざまな部分に注意してその場にいます。 自身が相手に不快な思いをさせないように、話し方や振る舞い方などは事前にきちんとイメージトレーニングしておくのも必要だと考えます。また、お酒はこのような場所では好ましくありませんので注意しましょう。できるだけ清潔感を持って、物言いも穏やかな人間の方が好印象を相手に与えられます。